一般社団法人 日本フットケア・足病医学会

足創傷処置料 診療報酬新設についてのシンポジウムのご案内

2021年7月吉日
日本フットケア・足病医学会理事長
寺師浩人

日本下肢救済・足病学会では、外来での足創傷の処置点数を新設するべく4年前から活動をしてまいりました。その活動を当学会で引き継いでおります。
この度、参議院議員の秋野公造先生をお呼びして、足創傷処置料 診療報酬新設についてのシンポジウムをwebで開催することになりました。
さらにこの足の領域に関連する学会の代表の先生方にも発言いただき、社員の皆様の参加の中で合意形成が得られればと考えています。
つきましては、急ではありますが、下記のごとくweb シンポジウムを開催いたしますので、ご参集をよろしくお願いいたします。

開催日時
2021年7月17日 13時30分より15時30分まで
開催形式
web セミナー zoomにて

足創傷処置料 診療報酬新設についてのシンポジウム プログラム

座長

寺師浩人 理事長
大浦紀彦 足創傷診療報酬新設のためのアドホック委員会 委員長

コメンテーター

秋田定伯 医療法人城内会 理事長・病院長 形成外科/福島県立医大 特任教授

第1部 足創傷処置点数について

1.秋野公造先生 参議院議員
 「末梢動脈疾患指導管理加算後の課題と足病診療報酬について」

2.大浦紀彦 日本フットケア・足病医学会
 「足創傷処置点数新設の意義」

3.東 信良先生  (血管外科)
 「WIfI分類 Global Vascular Guidelineに基づく 血流評価の重要性」

4.高山かおる先生 (皮膚科)
 「足部創傷を部位と深さ分類について」

5.門野邦彦先生 (整形外科)
 「足部創傷と大切断 骨髄炎評価について」

第2部 足部創傷管理料について

患者教育・指導の重要性、免荷教育・指導の重要性
総合討論


案内リーフレット

申込方法

視聴には事前登録が必要です。下記ボタンよりご登録ください。
先着1000名までとなりますため、定員を満たしましたら登録ができませんのでご了承ください。

視聴事前登録画面へ

上へ戻る